就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
女性エンジニアは文系・未経験でも目指せる??

女性エンジニアは文系・未経験でも目指せる??

2017/5/19 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!女子就活ナビ編集局の森田です。


今回は、「文系だから」「プログラミング未経験だから」というだけでエンジニアの選択肢を消してしまっている女子就活生のみなさんに朗報です。

また、「エンジニアって地味そう…」「エンジニアは自分とは程遠い仕事なのかな」なんて思っている方には、新しい発見があるかもしれません!

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。


  

SEとは?


ご存知の方も少なくないかもしれませんが、SEとは「System Engineer(システムエンジニア)」のことです。このSE、エンジニアと聞いてまずイメージするであろうプログラミングのお仕事をするだけではないんです。

エンジニアが行う開発のお仕事は「上流工程」「下流工程」というような表現で序列がつきます。


「上流工程」にいくほどにサービスの核となるところの企画段階から携わることができ、システムの構造を考える役割があります。一方で「下流工程」にいくほど、上流工程で決められた指示に従って手を動かすことが求められる仕事内容になります。ただ、実装したシステムが正常に作動するかどうかのチェックや正常な状態を保つための監視・調整のお仕事でもあるので、「単純作業ができればいいのかな」というのは誤解です。下流工程のお仕事も重要な部分なんですね。

 

そしてSEは、基本的にシステムの設計や開発など(どの程度まで実務以外の部分に深く入るかはプロジェクトや企業によっても異なるので一概には語れませんが)、「上流工程」側のお仕事を手がけることが多いです。だからこそ、地道に作業に没頭する集中力やITスキルだけではなく、実は他の多様な能力も必要になってくる職業です。逆に言えば様々なスキルを培うことのできるお仕事であるとも言えますね。


  

SEに必要な力とは


では、SEに必要な力とは具体的に何が挙げられるでしょうか。


・コミュニケーション能力

・記憶力

・論理的思考力


特にこの上記3つだと思います。それぞれの根拠の詳細は別の記事にまとめるとしてここでは割愛しますが、おそらく「へぇ〜、意外!」と思われる方が特に多い「コミュニケーション能力」については簡単にここでもご説明させていただきます!


 

SEは、先述のように「上流工程」と表現する部分も担うことが多いです。

そしてその「上流工程」に含まれるお仕事として、


・クライアントとの打ち合わせ

・社内での企画/提案

・下流工程を担う人たちへのディレクション


といった「人と接する/相手のニーズを聞き出す/求めているものを伝える」ようなお仕事があります。

今はまだない想像上のシステムをヒアリングにより具体的なイメージに落とし込み、かつそれを他者としっかり共有しなければならないという、なんともコミュニケーション能力の必要なお仕事なんですね。


だから、SEに必要なスキルとしては意外かもしれませんが「コミュニケーション能力」もいるんです。


むしろそのあたりは、人によりますが文系の人の方が得意なんてこともあるのかもしれません。


  

文系・未経験でもSEを目指せる!


ここまで記事をお読みいただければ、

「文系でも未経験でもエンジニアを諦める必要はない!やりたいと思えば目指すことはできるんだ!」

と思っていただけたのではないでしょうか?


今回はエンジニアについて書きましたが、それ以外でも「女性だから」「この学部だから」「この大学だから」「未経験だから」といった理由で何かを諦める必要はありません。


なんとなくで視野を狭めてしまうのではなく、様々な可能性を考えてみてはいかがでしょうか。    



【18卒の方は個別面談でのキャリアサポートへ!】


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加