就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
面接と面談の違いって?

面接と面談の違いって?

2017/6/27 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!女子就活ナビの森田です。

みなさんは、就活をしていて「面接」ではなく「面談」という言葉を耳にしたことはありませんか?


よく似ているこの言葉たちですが、企業によってもちろん使い分け方は変わるものの、基本的にそれらの内容や意図は違います。


つまり、就活中の「面接にお進みください」と「面談をしましょう」とでは、あなたが心がけておくべきことも変わってきます。ということは、この違いやそれぞれの目的・意図をしっかりと理解しておくことが必要になりますね。

この記事を読んで、少しでも理解のお役に立てれば幸いです。


「面接」とは?


これは、おそらく多くの方がイメージする通りのものだと思います。

選考の過程の一つで、グループの場合も個人の場合もありますが、企業の人事や役員などと向き合って基本的に与えられた質問に答えていくという形式のものです。


面接の場合、企業側が就活生を見極めるために質問を用意し、その答えや答えている時の様子などで合否を判断します。なので企業が主導権を握っていると言えます。

一対一、あるいは複数でのコミュニケーションとはいえ、緊張感が伴う場合が多いかもしれませんね。


「面談」とは?


一方「面談」とは、「面接」とは違うとはいえ、実際のところは選考に全く関係がないかというとそんなことはない場合が多いです。


ただ、面接ほど選考目的は強くなく、例えば「もう少しあの子のことを深く知ってからでないと合否を判断しかねる」「優秀だがイマイチ自社への理解が足りていないようだからゆっくり話がしたい」「次の選考に進む前に志望度を上げてもらいたい」などの目的で行われることが多いです。


また、「面接」というと学生が身構えてしまうから「面談」という形で比較的ざっくばらんに話して学生の素性を見たい、という意図で行われることも。


面談の目的は面接よりも多様だと思いますので、面談に招かれた時のシチュエーションや相手の誘い方などからしっかり判断し、適切な振る舞いをするよう心がける必要があると言えますね。


逆に、面接では選考結果に大きく響きそうで聞きにくいことも、面談でなら思い切って聞くことができるかもしれませんので、学生からしても良いことは色々とありそうです。


まとめ


面接と面談の違い、なんとなくわかりましたか?

このような違いやそれぞれの目的・意図を踏まえ、うまく就活を進めていきたいですね。


とはいえ企業によってその使い分け方が異なったり、そもそも面接でもかなりざっくばらんに対話する企業もあります。だから最初はどうしていいかわからず、失敗してしまうこともあるかもしれません。はっきり目的を言ってくれればいいのに…なんて思ってしまうこともあると思います。


しかし、そういう経験を経て社会に出るまでに考える力や対応力も培えると思えば、全て無駄になることはないはずです。社会に出たらそれこそ相手との距離のとりかた、振る舞い方は相手や場によって臨機応変に変えなければなりません。だから、今のうちに練習だと思ってしっかり考えてから面接も面談も臨んでみてくださいね!





【18卒の方は個別面談でのキャリアサポートへ!】


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加