就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
仕事ができる女性はモテない?

仕事ができる女性はモテない?

2017/6/27 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!女子就活ナビ編集局の森田です。


「デキる女性」ってかっこいいですよね。女性のさらなる社会進出・活躍が期待される昨今、ドラマなどでもよくデキる女性キャラを見かけると思います。


多くの人が思い浮かべるデキる女性は、仕事ができて格好良くて、仕事においては厳しいけどプライベートは優しく部下思い…

といったイメージなのではないでしょうか。

バリバリ働いていきたい!と思っているのであれば、そんなデキる女性って憧れますよね。

でも、日本では特に、あまりにも能力の高い女性はモテないなんて話も聞いたことがあるかもしれません。結婚願望の強い人ほど、そう聞いてしまうとバリバリのキャリアウーマンタイプになることに少し抵抗を感じてしまうかもしれませんね。


しかし。そもそも、それは本当なのでしょうか?


今回は、デキる女性の要素や心がけるべきことについて、女子就活ナビなりにまとめてみました。また、本当にモテないのかという点についても考えてみました。

仕事も頑張ってデキる女性になっていきたい!という女子就活生のみなさんは、参考までに読んでみてくださいね。



「デキる女性」とは



どんなスキルや能力があれば、「デキる女性」なのでしょうか。考えてみましょう。


・仕事ができる

・気配りができる

・周りを明るくできる

・コミュニケーション能力が高い

・人望が厚い

・部下想い


パッと多くの人が思いつくのはこのような要素かもしれません。

では、そのような女性になるにはどんなことを心がければいいのでしょうか。


・情に流されすぎず時には合理的に行動する

・自分のことだけでなく周りを見ようとする

・相手の気持ちを大事にする

・自分の言動が周りに与える影響を考慮する

・約束や自分の発言を裏切らない

・後輩を育てようという意識を持つ


…あげてみるとキリがありませんが、これだけでもかなり難しそうですね。わかってはいても、実際にこれらをすべて意識し行動に移そうとするとなかなかうまくいかないと思います。


なので、最初はとにかく

「自分のことだけ考えないで周りを見る余裕を持つ」

「約束を守り信頼を築く」

この2点に集中してみてはいかがでしょうか!



デキる女性はモテないの?



一概にどうかとは言い切れませんが、女子就活ナビからの一つの答えとしては、

そんなことはない!気にするのはもったいない!

ということをお伝えできればと思っております。また、モテるモテないは重要ではないとも考えていますが、結婚したいという女性も少なくないと思うので、今回はしっかりと考えてみます。


たしかに、テレビでもスキのあって天然キャラな女子がかわいく見えたりしますよね。

そんな女子が好みな方々も多いと思います。

一方で、知的なところ・しっかりしたところがある女性の方が一緒にいて安心する、尊敬できる、という方も少なくないようです。


マイナビウーマンが以前行った調査(2015年4月に22~39歳の社会人男性101名を対象にWebでアンケート)によると、

「天然なのにたまにしっかり者」「しっかり者なのに意外とドジ」のどちらのギャップが好きか?というテーマでは以下のような結果になったそうです。


「天然なのにたまにしっかり者」:52.5%

「しっかり者なのに意外とドジ」:47.5%

https://woman.mynavi.jp



どうですか?ほぼ差がない結果になっています。

「しっかり者と天然どっちが好きか」ではなくどちらのギャップが好きか、という質問ではあるものの、その回答した理由をみてみると、

しっかりした一面を見ると好印象、しっかりしていると信頼できる、普段しっかりしているのに天然な一面を見るとかわいく思える、といった声が多いです。


要するに、しっかりしていてデキる女性だからモテないのではなく、しっかりしているようでも人間味や親しみやすさがあれば問題ないみたいですね。


先ほどあげたデキる女性の要素から考えてみると、コミュニケーション能力や人望、明るさといった点も備わっていればモテないなんてことはないでしょう!

また、最初から完璧な人なんてほぼいません。

その完璧でない部分がたまにあることで、きっと親しみやすさを感じてもらえて好印象になるのではないでしょうか。



まとめ



今回、これを読んでくださったみなさんに何をお伝えしたかったのかと言いますと、「どうしたら異性にモテるか」という話ではありません。また、「モテる女性になろう」という話でもないです。


私たちが伝えたかったのは、「モテないかもしれないからバリバリのキャリアウーマンを目指していいのか不安…」というのはもったいない。だからその気持ちを払拭して、本当の自分の気持ち・目指したい姿に正直になって、前向きに頑張って欲しいということです。


なにより、頑張る女性・自分の意志を持つ女性は素敵です。

自信を持って、前向きに頑張っていきましょう!




【18卒の方は個別面談でのキャリアサポートへ!】


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加