就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
法学部の就職事情について

法学部の就職事情について

2017/6/28 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!女子就活ナビ編集局の森田です。


「法学部」というと、どんなキャリアに進む人が多いイメージでしょうか?


きっと、弁護士などの資格職を目指す人や公務員を目指す人が他学部に比べて多いというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

逆に民間企業への就職の場合だと、法学部では法律系の勉強をするので、「経営」「研究」などその後の就職に直結しそうなことを学ぶ経済学部や商学部や理系と比べるとどのようなキャリアを歩んでいく人が多いのかイメージがつきにくいかもしれませんね。


もしご自身が法学部で民間企業への就職を考えていた場合、きっと就活を始めた頃は同じ学部の先輩たちがどんな業界・職種に行くケースが多いのかどんな業界が就職しやすいのかなど、気になるかもしれませんね。

また、率直に「法学部は就職に有利なのか?」という点も気になるところだと思います。


そこで!今回は、そんな法学部生の就職事情についてご紹介していきたいと思います!



法学部は就職に不利か?



まず、法学部は就職に不利かどうかについてですが、

法学部だからといって就職に不利になることはほぼない

でしょう!


大学で学んできた法律の知識というものは、基本的に幅広く活用できます。

その点は弁護士や行政書士、公務員など資格職を志していない場合は大きな強みにはなりにくいかもしれません。

しかし、それは弱みにもならないのです。


一般的に理系の学生であれば、エンジニアや研究職としての採用において大学で何を専攻してきたか・どのような知識やスキルがあるのかは重要になることが多いです。


しかし文系の学部生においては、大学で学んできたことがそのまま仕事に直結するとは限らない場合の方が多いです。採用する企業側も、新卒には「入社してからの教育・研修でスキルや知識を身につけてもらおう」と考えているところの方が多いと言えます。


ですから、就職先を考える段階では、文系であればさほど知識やスキルを問われません。(簿記など金融系の資格があれば多少有利にはなるかもしれませんが。)



日本は「ポテンシャル採用」と言われている



  

日本の新卒採用は「ポテンシャル採用」とも言われ、入社前の実際のスキルや経験よりも、「入社してから活躍してくれそうか」「今後活躍していけるだけの能力がありそうか」という点を見極めて採用する企業が大半です。


そのため、「新卒の就職活動では大学で何を専攻してきたか」「どの学部にいたか」ということよりも、「学習能力がありそうか」「努力できそうか」「募集している職種への適性がありそうか」「企業の雰囲気と合いそうか」といった点の方が重要になってきます。


それを考えると、学校で何を専攻するかが決まる学部は、あまり重要ではないのかもしれません。

※「ポテンシャル採用」については詳しくは【こちら】の記事をご覧ください!



法学部生の就職先はどんな企業が多い?



さて、ここまでで法学部生であることが就職に不利に働くことはほぼない、ということはお伝えできたかと思います。

ここからはどのような就職先を選ぶ人が多いのかという点について紹介していきます!



日本の大学の中でも特に在籍学生数が多い日本大学。

今回は参考として、その日本大学の法学部生全体の就職状況のデータをご紹介します!



 

(日本大学法学部「卒業生の就職(進路)状況」を基に筆者作成)


金融・保険:   18.30%

卸売・小売:   16.20%

サービス:  13.60%

公務:       13.10%

情報・通信:     9.40%

製造:    8.70%

運輸:    5.90%

不動産:      5.20%

建設:    4.70%

教育:    1.70%

飲食店・宿泊 :1.40%

医療・福祉:  1.10%

その他:    0.70%


このデータを見ると、様々な業界に就職する法学部生が多いことがわかります。

「法学部だからこの業界に進んだ方がいいのかな…」といったことを考えるのではなく、自分にはどんな仕事・企業が合っているのか、自分はどんな仕事に興味があるのかをしっかり考えた方が良いかもしれませんね!



まとめ



いかがでしたか?

学部が就職に不利に働いてしまうのではないかと不安な方、どのような就職先があるのか疑問のある方の不安や疑問を少しでも解消できたでしょうか。


自分のやりたいこと・興味のある業界があるのであれば、「法学部だから」といって視野を狭める必要はなさそうです!

自信を持って頑張って下さい!

ちなみに、他にも就職に対して疑問や不安があるという方は、一度就活のプロに相談をするのもありです!

相談以外にも優良求人などの紹介も無料で紹介してくれます!

相談の予約は下記のバナーからお願いします!





【20卒の方は個別面談でのキャリアサポートへ!】


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加