就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
これは知っておきたい!【イマドキ】の就活サイト5パターン

これは知っておきたい!【イマドキ】の就活サイト5パターン

2017/6/29 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!女子就活ナビ編集局の森田です。


皆さんは就活でどれくらいネットを利用していますか?

就活でも、スマホで情報収集をするのが当たり前の時代。でも情報があふれているからこそ、何をどう活用したらいいのか難しいですよね。ここ数年で就活系サイトもかなり増えているようですが、「どれを使うべきなのか?」「そもそもどんなサービスがあるのか?」など、わからないことばかりだと上手く活用できません。

使わなくても就活はできますが、中にはとても便利なサービスも色々とあるので、しっかり理解して活用していきたいところです!


ということで今回は、就活サイトを5パターンに分類して、その特徴と利用法、それからどんな人にオススメできるのかを紹介します!


就活サイト5パターンとオススメ利用法


ナビサイト


これは今や就活の定番ですね。就活が始まったらとりあえずリクナビやマイナビといった大手ナビサイトに登録するという人も多いのではないでしょうか。

ナビサイトのメリットは何といっても情報量。企業の特徴から福利厚生まで様々な情報を収集でき、興味のある企業を比較することができます。自分の関心に応じて企業を検索したり、エントリーや説明会の予約をしたりと使い方は自由自在。


さらに近年は特化型ナビサイトも数多くあり、ベンチャー企業に特化したパッションナビや外資系企業に特化した外資就活ドットコムはその一例。ほかにも各都道府県に特化したものは、地方就職の味方となっています。


こんな人にオススメ:


ナビサイトは「広く情報を集めたい人」にオススメ

どんな業界にはどんな会社があるのか等広く知るにはもってこいですが、情報の深さには限界があります。

ナビサイトだけを見て企業を選ぶのではなく、気になる企業にはどんどん足を運んだり、他の就活サイトを利用したりして別の方法でアプローチするようにしましょう。


スカウトサイト


近年、スカウトや逆求人と呼ばれる就活の方法が一般的になってきました。

学生がプロフィールや自己PRなどの情報を入力し、企業の採用担当者がそれを見て、気になる学生にメッセージ等で説明会やイベントへの参加を促すというものです。


メリットは、一度記入すればあとは待つだけという手軽さ。知らなかった業界や企業に触れるいいきっかけにもなりますし、何より企業側からアプローチされるのは、学生にとってなんだか嬉しいですよね。


こんな人にオススメ:


スカウトサイトは「就活で何から手をつけていいかわからない人」にオススメ

自分が何に興味があるかわからないと、ナビサイトで調べたり、合説に行ってもピンとこないはず。そんなときはスカウトされた企業に積極的に足を運んでみましょう。思いもよらない出会いがあるかもしれません。

ちなみにスカウトサービスは、高い学歴の人や、すごい経験の持ち主がやるものではありません。どんな人も、企業からアプローチされるように自己PRを工夫して書くことでエントリーシートや面接の練習になります



就活ノウハウサイト


過去の選考通過エントリーシートが読み放題のサイトや就活のプロが監修しているサイト。

就活を経験した大学生が中心となって運営しているサイト等、ノウハウ系サイトは数多くあります。


こんな人にオススメ:


これらは「就活に不安があり、これから自分の就活スタイルを確立したい人」にオススメ

まずは人の真似をして就活をすることも悪いことではありません。その中で、自分らしさを伝えるにはどうしたらいいか考え、徐々に自分のスタイルを確立していきましょう。


採用HP


皆さんは興味のある企業が見つかったらその後どのように情報収集しますか?

実は企業によっては、学生向けに採用HPを作っている場合も多くあります。ナビサイトだけではわからない、より具体的でリアルな情報を手に入れることができ、企業研究にとても役立つツールです。


こんな人にオススメ:


採用HPは「説明会に参加する前にチェックする」と良いので、説明会に参加しようか検討している人にオススメ

その企業のイメージを掴んで参加した方が説明もわかりやすいし、質問もしやすくなります。さらに選考中も、志望動機の作成などに活用しましょう。


口コミサイト


就活における口コミサイトでは、企業の情報や就活での悩み事等を学生同士で共有することができます

みんなの就職活動日記がその一つ。掲示板でインターンシップや選考に関する詳しい情報がやり取りされており、学生の本音を知ることができます。


さらに便利なのが、転職の口コミサイト。就活の時から転職?と不思議に思う人もいるかもしれませんが、実は転職サイトは就活でとても使えるのです。

メリットは実際にその会社で働いている人の声を聞くことができること。説明会や選考ではいいことしか言われないけど、それって本当なの?と思うことありますよね。学生にとってはタブーとされる残業や給与についても、転職サイトには詳しく書かれています。


こんな人にオススメ:


口コミサイトは「本当のことを知りたい」という人にオススメのサイト。

しかしこういった口コミがすべて「本当のこと」とは限らない、あくまでも主観的な意見であるということは忘れないように。何でも鵜呑みにするのではなく、参考程度に見ておく程度にしましょう。



どうやって組み合わせて使えばいいの?


ではこれらの就活サイトをどのように使えばいいのでしょうか。


総合ナビサイトは書いてあることにそれほど大きな違いはないので、一つ使いやすいものを選びましょう。むやみにたくさんのサイトを使っていると、どこからエントリーしたのかわからなくなることがあるので注意

興味が絞られてきたら特化型ナビサイトを利用するといいいでしょう。


スカウトサービスは3つほど登録し、スカウトがよく来るもの1~2つくらいに注力するといいでしょう。たくさん登録してそれぞれの情報が薄いよりは、1つに注力してたくさん情報を書き込んだ方が、スカウトされる可能性が高くなるからです。


ノウハウサイトや口コミサイトは参考程度に。たくさん使えば使うほど情報は集まりますが、それをどう活用するかの方が大切です。


最後に採用HPですが、興味のある企業はすべてチェックしましょう。

デザイン性をみるだけでも、その企業の雰囲気を知ることができます。学生に伝えたいことがわかりやすくまとまっているので、選考を受ける場合には特に読み込んでおきましょう。


まとめ


以上、就活サイトについておすすめの利用法とともに紹介しました。

しかしあくまでも就活の本質は「実際に目で見ること」です。その入り口として様々なサイトを活用し、多角的に企業を見ることで、効率的に就活を進めることができます。

情報に依存しすぎることなく、ぜひ自分なりの利用方法を考えてみてくださいね!


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加