就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
【就活の軸】って何?軸が必要な5つの理由

【就活の軸】って何?軸が必要な5つの理由

2017/6/29 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!女子就活ナビ編集局の森田です。


就活を進めていくと、「就活の軸」という言葉をよく耳にします。

では、就活の軸とはそもそも何なのでしょうか?どんなものがあり、なぜ必要なのでしょうか?


今回はそんな「就活の軸」について書きたいと思います!


就活の軸って何?


そもそも就活の軸とは何なのでしょう?

就活の軸とは、「就職先を選ぶ際の自分の判断基準」です。

軸の例は、「お給料の高い仕事がいい」、「海外で働きたい」、「ものづくりの仕事がしたい」、「地元に貢献したい」、「皆で協力するスタイルの会社で働きたい」などなど、たくさん挙げられます。


女性の場合には「結婚したい」「家庭を持ちたい」という理由で「ワークライフバランスがとれる」という軸を持つ人もいると思います。また、「転勤したくない」と考える人も多いでしょう。

これも軸って言えるの?なんて思う方もいるかもしれませんが、これらも立派な軸の1つです!


しかし中には、「就活の軸なんて別につくらなくていい」「条件ばかり挙げて就職先を選択するのはどうなんだろう」という考えを持つ人もいます。そしてその考え方も間違っているわけではありません!

が、女子就活ナビでは就活の軸を「就職先を選ぶ際の自分の判断基準」と定義します。

そして、自分の判断基準は、やはり膨大な数の企業の中から就職する1社を選ぶ上では必要なものであると考えています。その前提で、ここから先就活の軸について書き進めていきます。


さて、「自分の判断基準である就活の軸は必要だ」とお話ししてきましたが、自分の判断基準はあくまでも自分に正直なものであるべきです。とはいえ面接で人事に伝えるときには、その表現に気をつけなければいけません

自分に正直なものである「本音」と、人事に伝えるために多少整えた「建前」を、それぞれしっかりと認識しておくと良いでしょう!


ちなみになぜ「本音」と「建前」を使い分けるべきなのかというと、あまりに本音の軸を話しすぎると、面接官に良い印象を与えないこともあるからです。

例えば「結婚したい」というのが本音なら、面接では「 長く働き続けたい」といった建前を言うほうがいいです。結婚してすぐに辞めるかもしれないと捉えられてしまうより、結婚しても働きたいと考えていることを伝えた方が悪い印象にはなりません。


ただし、「本音」と「建前」を認識するのも大事ですが、あまりに嘘をついてしまってもミスマッチにつながりかねないので、注意してくださいね!


就活の軸を決める3つのメリット


ここからは、軸を決めるメリットを具体的に3つ挙げていきます。


①志望企業が絞れる

軸がはっきりしないままに様々な企業の説明会に行くと、どの企業も魅力的にうつってしまい、志望企業や業界が絞れなくなってしまうことがあります。

また、就活を進めるにつれ、異なる企業で面接日程が被ることもあります。

そんな時に、自分の軸があることで、どの企業を優先させるべきか決めることができます。


②入社後のミスマッチを防ぐ

自分の判断基準が曖昧なままに就職活動をしてしまうと、入社した後にやはり自分に合っていなかったと思う可能性があります。

自分がどんな環境でどんな仕事をしたいかを考えた上で入社すれば、就職活動をもう一度やり直したいという後悔は生まれないはずです。


③面接で一貫性を持って答えることができる

面接では必ずと言っていいほど、志望動機を聞かれます。

その際に、「企業の〇〇に惹かれた」という事実を述べるよりも、「私は△△という軸で就職活動を進めており、企業の〇〇がその軸に当てはまっている」と自分の就活の軸と絡めて話す方が、より説得力があります。

また、志望動機について深堀りされたときも、自分の中で軸がはっきりしていれば悩まずに答えられますね!


軸の決め方


就活の軸とはなんなのか、なぜ必要なのか、そして決めることでのメリットはお伝えできたのではないかと思います。では、実際に就活の軸はどうやって決めたらよいのでしょう?


上でも述べたように、「就活の軸=就職先を決める際の自分の判断基準」です。

つまり、就活の軸を決めるということは、自分が仕事において何を大切にしたいかを考えるということであり、それを考えるには、自分自身を見つめ直す必要があります。


自分自身を見つめ直すときには、今までの自分の人生を振り返って、どんな時に最も喜びや達成感を感じたか、どんな時に辛かったか、辛い出来事をどう乗り越えたかを思い起こすのがいいです。その中で、


①自分がやりたいこと

②できること

③大切にしていること


を導き出してください。これらのいずれか、もしくは組み合わせが自分なりの就活の軸となります!


また、軸は1つではなく、複数あるのが望ましいです。なぜなら、軸が1つだけだと、当てはまる企業が多くなってしまう可能性が高いからです。

軸は複数つくり、その中でも優先順位をつけておきましょう。


まとめ


いかがでしたか?

就活の軸というと固定されたもののように感じますが、そんなことはありません。

就活を通して、様々な価値観に触れます。その結果、当初定めた軸とは全く異なる軸が生まれることも珍しくありません。重要なのは、しっかりと考えた結果、自分が大切にしたいことを見落とさないことです。


自分なりの就活の軸を決めて、悔いのない就活にしてくださいね!



書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加