就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
【女子に人気の業界!】金融への就職を考えているなら

【女子に人気の業界!】金融への就職を考えているなら

2017/9/5 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは!女子就活ナビ編集局の森田です。


就活生に人気の業界の一つである「金融業界」。特に文系からの人気が高く、文理問わず金融業界に対して「安定している」というイメージを持つ学生が多いようです。

今回は、そんな就活生に人気の高い金融業界とはどのような業界なのか、実際にどんな仕事があるのかについて書きたいと思います!


金融業界とは


「金」を「融資」すると書いて金融。

そんな金融業界というと、真っ先に銀行を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

しかし実は、金融業界には銀行以外にも様々な業態があるんです!

ここでは、銀行も含めて代表的なものを4つ紹介したいと思います。


①銀行

個人や企業から預金を集めて、お金を必要とする個人や企業に融資する金融機関です。

銀行と一口にいっても、実際には様々な種類があり、東京や大阪など大都市に本店を置き、巨大組織として位置する「メガバンク」、各都道府県に本店を置き、地方経済に大きな影響力をもつ「地方銀行」、不動産関連業務を行えるなど、銀行よりも業務の幅が広い「信託銀行」、会員や組合員から出資金を集め、それを中小零細企業に融資する「信用金庫」などに分けることができます。


②証券

株式や債券の売買の仲介や、投資家から集めたお金の運用などを行なっています。

金融業界の中でも最も実力主義の傾向が強い業種です。


③生命保険

主に人に関する保険を扱います。

保険加入者から長期にわたり定期的に保険料を受け取り、加入者が亡くなった際に、あらかじめ決めておいたお金を支払う金融機関です。


④損害保険

生命保険が人に関する保険だったのに対し、損害保険は主にモノに関する保険を扱っています。

地震や大雨といった偶然のリスクにより出た損害をカバーする役割を担っています。


金融業界には他にも業態がありますが、ここでは代表的なものを紹介しました。また、それぞれの企業の事業領域は、上に挙げたものだけではなく、重なっている部分もあります。


ここからは、なぜ金融業界が人気なのかについて書いていきたいと思います。


金融業界が人気な理由


まずは、皆さん下のランキングを見てください。


文系女子ランキング


(https://job.mynavi.jp/conts/2018/s/tok/nikkei/ranking/rank_bun_women.htmlより筆者作成)


これは、株式会社マイナビと日本経済新聞社株式会社が共同で調査を行った、2018年卒の大学生就職人気企業トップ15位までをランキングにしたものです。

ここでは特に文系女子の人気ランキングを挙げています。


ランキングを見ると、5位に「三菱東京UFJ銀行」、8位に「みずほフィナンシャルグループ」、10位に「三井住友銀行」とメガバンク3社ともがトップ10にランクインしていることが分かります。

また、保険業では6位に「東京海上日動火災保険」、11位に「損害保険ジャパン日本興亜」、14位に「日本生命保険」がランクインしています。

このランキングを見ても、金融業界は就活生から人気が高いことが分かりますね。


では金融業界はなぜ人気なのでしょうか?

就活生からよく聞かれる声を3つ挙げてみましょう。


①目に見えないものを売る

金融商品は全て目に見えない上に、他社でも同じような商品を扱うことが多いです。

そのため、モノの機能ではなく、自分の人間力が重要となります。

自分がいかに信頼してもらえるかを常に考え続けるため、人として成長できると考える人が多いようです。


②女性の働き方が多様

金融業界では、昔は総合職と一般職しかありませんでしたが、現在、総合職の中にエリア総合職という区分が存在します。

これは、総合職と同じ仕事をしながらも、勤務地はあらかじめ指定された地域に限定されるというものです。そのため、転勤はしたくないけれど、仕事はがっつりしたいという人から人気が高くなっています。


③資格を取得することで手に職をつける

金融業界では、金融知識を身につけるにあたって多くの資格が必要となります。

これらの資格を取得することで、手に職をつけることができると考える人も多いようです。

もちろん入社時に金融知識を持っている必要はなく、経済学部出身でないと入社できないなんてことはありません。しかし、社会人よりも入社前のほうが時間があるので、学生うちに勉強を始めて簡単な資格を取っておく人が多いようですよ!


金融業界の職種


ここからは、実際に金融業界で働く際にどんな仕事があるのかを紹介したいと思います。


①営業

営業には、個人を対象にするものと法人を対象にするものの2つがあります。

個人を対象にするものは「リテール」と呼ばれ、収入やライフプランに応じた金融商品を販売する業務です。

法人を対象にする営業は、お金をただ融資するだけではなく、その企業の財務戦略や経営戦略に関わる提案も行います。


②資産運用

顧客から集めたお金や自社の資金を株式や債券などで運用します。

「アセットマネジメント業務」ともいわれ、アセットマネジメントを専門に行う会社もあります。


③商品開発

新しい金融商品やサービスを企画・開発します。

企業ごとの個別のニーズにカスタムメイドで対応することもあります。


④海外業務

日本企業の海外進出支援や現地の企業・個人を対象にした事業を行います。

買収して傘下に収めた現地の金融機関を拠点として事業を展開するケースが増えています。


⑤コーポレート

人事や経理など社内の調整を行ったり、今後の事業戦略を練ったりする仕事です。

また、投資をする際に可能性として考えられるリスクを管理・分析する部署や、社内のシステムをより良いものにしていく部署もコーポレートにあたります。


まとめ


いかがでしたか?

企業によるとはいえ、金融業界には働き方が多様だったり資格を取得することで手に職をつけられたりと、特に女性にとって魅力となる点が比較的多いのかもしれません

ただ、金融業界と一口にいっても様々な業態や職種があります。ぜひたくさんの会社の説明会に行って社員の方の話を聞き、なぜ○○ではなく△△に就職したいのか、なぜこの仕事がしたいのか、といったところを改めて考えてみてください!


ちなみに、他にも就職に対して疑問や不安があるという方は、一度就活のプロに相談をするのもありです!

相談以外にも優良求人などの紹介も無料で紹介してくれます!

相談の予約は下記のバナーからお願いします!


【20卒の方は個別面談でのキャリアサポートへ!】


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加