就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
あなたはどっち? リッチな総合職 安定の一般職

あなたはどっち? リッチな総合職 安定の一般職

2017/3/18 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。女子就活ナビ 編集局の森田です!女子就活生のみなさんは、一般職と総合職のどちらを希望されておりますでしょうか? 給料が良い総合職を希望しますか?それとも、転勤のない一般職を希望しますか?



そもそも、一般職と総合職ってなに?


総合職とは、総合的な判断を要する基幹的業務に従事する企業の正社員のことと言われています。総合的な判断を要する基幹的業務とは、マネージメントのことを指します。 


企業によっても様々ですが、総合職の人材は将来的にマネージメントを行うために、営業職や企画職など様々な部署に配属されるのが一般的です。 適正に応じて多くの経験を積むことが求められます。


総合職には、営業系総合職と、技術系総合職があります。営業系総合職には、営業、企画、商品開発、広報、人事、経理、総務、法務などといったキャリア、技術系総合職は制作、研究、生産といったキャリアに進むことが多いです。


では一般職についてです。一般職とは、各企業において定型的な一般事務に取り組む職のことをいいます。仕事内容の例として、営業用の資料を作成したり、経費の計上を行ったりなど、マニュアル化された業務がほとんどです。企業によって様々ですが、営業事務、一般事務、経理事務、秘書といったキャリアに進むことが多いです。




一般職と総合職の違いとは?


そこで気になるのが、一般職と総合職の違いです。どんな違いがあるのでしょうか。もちろん企業によって様々ですが、ここでは一例を取り上げたいと思います。



総合職の仕事内容は多岐にわたります。また、配属先は能力や適性により決定します。 営業職の場合は新人の頃は先輩からのサポートがありますが徐々にひとりだちし、営業活動を行っています。


また、数年に一度転勤があるケースが多いです。エリア総合職など、限定された地域内での転勤もありますが、会社規模に応じて転勤をする可能性があります。異動もありえますので、営業から広報、企画から商品開発などという人事もありえます。



一般職は営業サポートのため、資料を作成したり事務手続きを行ったりします。 入社後は基本的に異動や転勤はなく、内勤をすることが一般的ではあります。


気になるのは給料の違いです。一般職と総合職では、基本給、ボーナス、各種手当、昇給に開きがあるのが普通です。 入社時はそれほど変わらないとしても、10年、20年と勤務することで大きく差がつくのが現状のようです。



一般職と総合職、どちらが向いている?


もちろんここに書いたものは全て一例ではあります。企業において、一般職と総合職の違いはさまざまです。また、最近では一般職と総合職をわけること自体が時代にそぐわないといった声もあります。


とはいえ、就活女子のみなさんはいつか、今後の生き方を考えるうえで大事な選択をするときが来るかもしれません。そのときに知らなかったでは遅いのです。





異動や転勤がない一般職を選ぶか、お給料が魅力的な総合職を選ぶか。後悔しないよう充分にリサーチをすることが必要です。また、あなた個人はどちらが向いているのか、自己分析を行うことが必要です。



【18卒の方は個別面談でのキャリアサポートへ!】


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加