就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ

就活女子のための就活情報サイト!

女子就活ナビ
女子就活生に人気の業界・職種・働き方

女子就活生に人気の業界・職種・働き方

2017/3/18 就活役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。女子就活ナビ 編集局の森田です!

かつて、「男は仕事、女は家庭」という考え方や当時の経済状況などにより、結婚したら仕事を辞める女性が多い時代がありました。今の就活生の親御さんたちやその少し上くらいの人たちがまさにそのような世代かもしれません。

しかし今や、「結婚しても仕事を続けたい!」と考える女性も少なくありません。


あなたは、もし結婚したら、仕事を続けますか?



女性も働く時代へ


今や、大学卒業後の進路調査での就職率は女子学生が男子学生を上回る結果になり(厚生労働省の「大学等卒業者の就職状況調査」によると、2016年度卒の国公立・私立合わせた男子大学生の就職率は96.7%、女子大学生の就職率は98.0%となっている)、さらに厚生労働省の調査で「いずれ結婚するつもり」である18~24歳の未婚女性に対し現在まだ独身にとどまっている理由を尋ねた調査結果では、「仕事(学業)にうちこみたい」と回答する人が2010年時点で39.4%と、1992年に比べて10%以上増加しています(厚生労働省「結婚に関する意識 結婚の現状」http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/dl/1-02-2.pdf)。


つまり、社会的な女性が働くことに対する考え方や、女性自身の仕事に対する価値観が時代とともに変わっているようです。仕事に対する考え方、生涯仕事を持つことを考えている人の割合、就職する人の男女間の差は、時代とともに少しずつ縮まっています。



しかし、就職先を考えるにあたっては女子就活生と男子就活生では着眼点が多少異なる傾向にあると言えるでしょう。たとえば志望業界/職種、望む働き方などには女子就活生ならではの「産休や育休はとりやすいか」「女性も働きやすいか」といった視点が含まれることが少なくありません。


では実際、女子就活生にはどのような業界や職種が人気で、どのような働き方を望む人が多いのでしょうか?


今回は株式会社Rootsの「内定直結型プレミアム面談」に参加した女子就活生50人を対象に行ったアンケート結果をご紹介します!



女子就活生50人に聞いた!志望業界・職種・企業規模や望む働き方


今回のアンケートは、株式会社 の「内定直結型プレミアム面談」に参加した女子学生50名を対象に201721~28日に行ったものです(各項目複数回答可)。人気ランキングの上位をご紹介します。


【志望業界】

1位:人材(16票)

2位:金融(14票)

2位:メーカー(14票)

4位:教育(8票)

4位:商社(8票)


【志望職種】

1位:営業(40票)

2位:企画・マーケティング(37票)

3位:事務(21票)


【志望する企業規模】

1位:こだわらない(27票)

2位:中小中堅(14票)

3位:大手(8票)

4位:ベンチャー(7票)


【企業選びで重視する軸】

1位:職場の雰囲気(32票)

2位:福利厚生(24票)

3位:職種や仕事内容(22票)

4位:自分の成長(21票)

5位:理念(15票)



【働き方に対する考え方】

ワークライフバランス重視(37票)>仕事に専念(10票)

やりがい重視(38票)>稼ぎたい(8票)



アンケートから見えた女子就活生の傾向


アンケート結果をご覧になってみて、どうでしたか?


業界では人材や金融が人気のようですね。

また職種では営業、企画・マーケティングに続いて事務がなかなかの票数を集めているのは女子就活生ならではの傾向かもしれません。


そして特に、企業選びで重視する軸には女子就活生ならではの特徴が表れているようです。

「職場の雰囲気」、つまりどんなところで誰と働くか、それから「福利厚生」、つまり(女性も)働きやすいのかを特に気にする人がとても多い結果に。そして働き方に対する考え方と合わせて見てみると、仕事内容に「やりがい」を求める人が多数派です。


ただ、ベンチャー志向の就活生に多そうな「自分の成長」を重視している就活生が21票もいる中で、「稼ぎたい」と回答した就活生は8票に留まりました。



まとめ

もしかすると、最近の女子就活生には

仕事は稼ぐことよりもやりがいと自己成長

雰囲気や福利厚生的に働きやすい環境

を望むという傾向があるのかもしれません。


ちなみに、就職に対して疑問や不安があるという方は、一度就活のプロに相談をするのもありです!

相談以外にも優良求人などの紹介も無料で紹介してくれます!

相談の予約は下記のバナーからお願いします!





【20卒の方は個別面談でのキャリアサポートへ!】


書いた人:森田

自身の就活では様々なイマドキの就活サービスを体験。学生時代には度々社会人訪問をし様々な価値観を拝聴してきた。
今は人材系ベンチャーで採用担当とマーケターとして、時にはキャリアコンサルタントとして幅広い業務に取り組む。

SNSでシェアする!

このエントリーをはてなブックマークに追加